カンボジアの外国人研修生を受け入れるメリット

外国人研修生はアジア諸国の産業発展を目的として日本での人材育成をとおして貢献する制度です。近年ではとくにカンボジアからの外国人研修生が増加しており、多くの民間企業のなかで日本人スタッフとともに知識と技術の習得に努めています。
カンボジアからの外国人研修生が多くなった背景としては、もともと仏教徒の国であることから目上の人を敬う傾向が強いため日本と通じるものがあるからです。

またカンボジアの経済発展はこれからの状態であるため、来日してからも勤勉の意欲が高いことから少子高齢化の影響により人材不足に悩む日本で受け入れやすくなっています。

いろいろなカンボジアの外国人研修生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

さらには現地では日本語や日本文化の教育が盛んであることから、日本に来日してからもスムーズに生活することができるなどが挙げられます。



カンボジアの外国人研修生を受け入れるメリットとしては、若い人材を確保することができるため生産面において安定的に供給することができます。



また日本人スタッフの高齢化が進んでしまっている企業にとっては若い人材は職場の活性化にもつながります。

さらには日本人スタッフが研修生に教えることで職場での職業意識が向上し質の良い生産を行うことができるようになります。
企業側としても今後海外進出を目指す場合において現地でのリーダー候補を自社で育成することができるのは大きなメリットです。
このようにカンボジアの外国人研修生を受け入れることで双方に様々なメリットが生まれるのです。