日本企業が外国人技能実習生を受け入れるメリットとは

「外国人技能実習制度」は、外国人が日本企業で働くことを通して高い技術を習得し、自国の将来を担うような人材を育てることを目的として創設された国際協力制度です。
日本の企業が様々な国の若者を外国人技能実習生として受け入れ、彼らが日本の高い技術を習得できるよう、現場で実習を行わせることになります。

外国人技能実習生情報が満載です。

日本の企業にとって外国人技能実習生を受け入れるメリットとはどんなものがあるでしょうか。


メリットは大きく「国際貢献」「実習生のもつ高い意欲」「社内の活性化」の3つがあります。



外国人技能実習制度を通して、民間企業を介した国際貢献ができます。
技術を習得した実習生はやがて母国においてその技術を生かした事業を担うことになる貴重な人材です。

彼らに技術を教えてあげることは、国際貢献という社会的な使命を果たしていることに他なりません。

そのため誇りをもって彼らとの仕事に従事することができます。
また実習生となるのは日本での技術習得に対して高い意識を持っている人が多く、彼らは高い意欲を持っています。

そのため学習意欲も高く、教えたことをどんどん吸収していってくれるため、教える側である指導員にもやりがいを与えてくれるはずです。



そのことがもう一つのメリット「社内の活性化」につながっていきます。
外国人技能実習生を受け入れた企業の多くが、「社内の雰囲気が良くなる」といわれています。
日本人社員の責任感が高まったり、雰囲気が明るくなる、などがよくあるのです。

これは指導側に立つ社員が実習生に技術を教えることを通して、彼らの高い意欲に感化されたり、教えることへの責任感や助け合いの気持ちが育つ、など副次的にプラスの影響をもたらすためだと考えられます。
このように日本人社員のやる気が高まることがあるのも実習生受け入れのメリットになります。