日本に取って外国人技能実習生は有難い話です

外国人技能実習生とは日本の企業で技能を学び、その後祖国に戻りその技能を活かして国の発展に寄与する為に日本に来る実習生の事です。
比較的若い年齢層の人が多く熱心な作業態度が評価されています。彼等は日本で専門知識を学び国に戻って現地の企業に就職し自分が習得した技能を発揮したり、後輩にその技能を伝授したりしています。

外国人技能実習生に関するご質問を解決いたします。

一方日本に取っては総人口の減少傾向が始まり、働き手の確保が重要な問題になっています。

ここで外国人技能実習生を採用し技能実習と共に実際に生産活動に携わって貰う事は企業に取っては大きなメリットになり、外国人技能実習生に取ってもプラスに作用します。

実際に真面目で仕事熱心な外国人技能実習生の仕事ぶりは日本の若者以上で将来祖国を背負うプライドさえ感じられるほどです。

この様な話が祖国にも伝わり日本に来る外国人技能実習生の数は増加傾向に有ります。

一方企業側も国内のみならず海外市場も視野に入れている現在海外で自社での技能実習を経験した若者が居ると言う事は販売戦略や生産戦略にも大きな意味が有ります。
わざわざ日本から駐在員を派遣する必要もなく技能実習経験者に現地の工場の責任あるポジションをお願いしたり、又販売窓口としての権限を付与する事で販売活動もスムーズに行う事が出来るのです。



この様に海外からの技能実習生の受け入れは色んな意味で日本に取っては大きな意味が有ります。



これから高齢化社会を迎える日本に取って有難い事です。